1/29【エッセイ】旅とは多様性のフィールドワーク

【ブラックフライデー】通販アプリを消すか、残すか。

目次

iPad miniがほしいんだ!

スマンありゃウソだった

ジョルノ・ジョバァーナ/ジョジョの奇妙な冒険

 やってきました、ブラックフライデー。ADHDのみなさん、サイコーですかー!!??

 アマゾン、楽天etc…。数多のショップが物欲を煽り、これでもか、これでもかと衝動性を高めてきます。

駆り立てるのは野心と欲望、横たわるのは犬と豚

タクティクス・オウガ

 ADHD特性の中にある、衝動性、不注意性、多動性と相性抜群なこのセール。さてみなさん、どうやってこの戦略と立ち向かうのか?

あげちゃってもいいさ

ジョージ・ジョースター/ジョジョの奇妙な冒険

「やめて!とめてーーー!」


 そんな声が聞こえてきますが、もう遅い。私は皆さんの敵でも味方でもなく、ただの専門職です。

「アマゾンのアプリ消したらええのん?↷」

 何をたわごとを。ご冗談を。寝言は寝てから言いましょう。ショッピング・イズ・エンターテインメント。1年に1度のこのカーニバル、リオデジャネイロと競う気持ちで挑もうではありませんか。

ハズレしか売っていない…

 ヒトは年を取り、だんだんエネルギーが落ちてきます。カーニバルの最中、お目当てのiPad mini 第6世代を探しても、セール価格で販売しているサイトはありません。

 型落ちのiPadがあるのみで、強いて言えばiPadAirが良い景色。とはいえ、私が欲しいのはあくまでiPad mini 第6世代Wi-Fi cellularバージョン。

ちがう、そうじゃない…

 

 これは4年前の記事で、いまもこの問題がアマゾンで放置されているかは微妙です。

 言いたいのは、「値段の根拠を考える」ということです。

画像
探偵(イメージ)

 今回iPadの値引きされている商品は、どれも型落ち商品です。もうそれだけで答えと言えるでしょう。

 iPadm miniは第6世代で大きなモデルチェンジが行われました。充電端子はUSB-C、Applepencil第二世代対応、ベゼル(縁取り)は流行に合わせたおしゃれな角型。

逃げるんだよォ!

ジョセフ・ジョースター/ジョジョの奇妙な冒険

 アマゾンのサイトを閉じ、私はカーニバルを去りました。普段からアプリは、ダウンロードしていません。

人は自分の心の底を「他人」に隠したまま生活している、しかし、永遠に誰にも「自分の本性」を隠したまま一生をすごせるものだろうか?

吉良吉影/ジョジョの奇妙な冒険

「買う」と思った時はすでに購買が完了していなければいけない。「買った!」なら使っていい。

 以前からずっと思っていたので決して衝動買いではないのですが上記のバスマットを買いましたああそういえばブラックフライデーでしたあれってアマゾンじゃないんですか僕は楽天で買いましたしずっと前から買いたかったんですよほらいちいち体重計をおいて靴下を脱ぎ衣服も脱いで最軽量化して体重計に乗るくらいならバスマットを体重計にしていつの間にやら記録されているのがいいに決まってるしWithingsの体重計よりずっと安くて世界一優秀な日本製ですから我が国の科学力は世界一ですからいえいえ日本帝国みたいな選民思想にかぶれたわけではありませんしましてや衝動買いしたいいわけではありません…ありませんともっ!

買った!

ADHDのブラックフライデーを凌ぐ方法3選

①ECサイト(アマゾンや楽天など、通販のサイト)を削除する

②十分時間を用意し、スマートフォンやパソコンのブラウザアプリ(chromeといったインターネットを見るアプリ)からアカウントとパスワードをスクリーンショットして、スマートフォンとPCから消去する。

③クレジットカードすべてにはさみを入れて捨てる。ブラックフライデーが過ぎてから再発行する。

禁じ手
ブラックフライデーが過ぎるまでの生活資金を下ろし、預金口座をブラックフライデーの間封鎖する。

画像

 いかがでしたか?ADHD特性のある方にとって、ブラックフライデーはブラックホール。射程距離に入れば、吸い込まれて圧死します。

 なので、できる限りブラックホールは消滅させ、可能な限り近づかないようにしましょう。

 でもね…

 本音を言うとね…

好きなものを買って何が悪い!

画像

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

みくりやてつきのアバター みくりやてつき 所長(仮)

在住国:日本 現在地:愛知県 主に発達障がいの方を対象とした、IT特化の、就労移行支援事業所、サービス管理責任者。 精神保健福祉士 TOEIC840 日本語教師 作家

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次